2020年04月19日

日本在住の外国人に人気がある葬儀業者の特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本在住の外国人から支持を集めている葬儀業者の特徴として、バイリンガルの葬祭スタッフが配置されているところや、多種多様な宗教の葬式に対応しているところなどがあります。また、礼拝のためのスペースを設けたり、希望通りの食事や飲み物などの手配をしたりするところも増えており、様々な立場の顧客から関心が集まっています。そうした中、最後まで安心して葬式の対応を任せられる業者を選ぶにあたっては、いくつかの業者が扱っているプランの種類をチェックしたり、主に遺族のサポートをする担当者の経歴を把握したりすることがおすすめです。

続きを読む

2020年04月18日

葬儀にかかる費用を抑える方法を調べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急な葬儀でお金がたくさんかかってしまうことを心配する方も多くいるため、対策をきちんととることができるように、情報収集を進めていくことは基本です。基礎知識を身につけていると、お金に関することもきちんと考えて、早めに資金を集めていくなど、終活を丁寧に進めていけます。急な出来事でお金をしっかりと用意できていない場合でも、援助してもらえる方法を見つけることで、落ち着いて準備を進めていけます。ローンを組むなどして、必要なお金を借りる方法もありますし、市役所に相談をして、お葬式関連の制度がないかをチェックしていくことも重要になります。

続きを読む

2020年04月09日

永代供養のお参りの仕方と遺骨の取扱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日では少子高齢化や核家族化が進んでおり、最近ではお墓のあり方が見直されるようになってきました。これまでは先祖代々のお墓を子孫が受け継ぐのが当たり前でしたが、現代ではそもそもお墓を受け継ぐ子孫が居なかったり、子供が居たとしても独立して遠方に住んでいたりすることも珍しくありません。そのような場合に、子孫に代わってお寺がご先祖様の供養をしてくれるのが、永代供養と呼ばれるサービスです。お寺に永代供養を依頼しておけば、お墓を守る子孫が途絶えてしまってとしても、将来に渡って供養を続けてもらえます。

続きを読む

2020年04月06日

お悔みの手紙はマナーを守って書きましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても葬儀に参列できなかったときや、葬儀が終わってから訃報を知ったときは、お悔みの手紙を送るのが大人としてのマナーです。お悔みの手紙を書くことで、遺族に弔意を伝えることができます。ただ、細かなマナーをしっかり守って手紙を書かなければ失礼にあたってしまいます。お悔みの手紙を書くときは文面のルールを頭に入れた上で、マナーを守ることが大切です。まず、白い無地の便箋と一重の封筒を用意します。二重の封筒は不幸が重なるという意味合いが出てしまうため、必ず一重のものを用意しましょう。

続きを読む

2020年03月21日

日本在住の外国人が日本で亡くなった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本在住の外国人が、日本国内で亡くなった場合、葬儀や埋葬についてはどういう手続をとればよいかわからないことも多いかもしれません。まず、現在の日本では火葬が主流ですが、海外の人は宗教的な理由から火葬を忌避する場合もあります。そういった場合、土葬になりますが、結論から言えば日本で戻そうとすることが可能です。しかしながら、土葬をする場合は許可が必要なこと、それに、土葬によって埋葬することができる場所が決められているため、制限の中で故人を弔う必要があることを知って置かなければならないです。

続きを読む